わくわく しながわ日和

いろんな種類の餅菓子が楽しめる! 中延の和菓子店「みなもと」に行ってきたよ♪

2020.01.22(水) 6:00

いろんな種類の餅菓子が楽しめる!
中延の和菓子店「みなもと」に行ってきたよ♪

今日は、東急大井町線・都営浅草線の中延駅近くにある和菓子店「いろんな種類の餅菓子が楽しめる! 中延の和菓子店「みなもと」に行ってきたよ♪」に行ってきました。

昔ながらの和菓子屋さん!

新潟出身の先代が1967年に開業した「みなもと」さん。たくさんの人が行き交う中延駅前、朝は通勤する人たちのお腹を満たすおにぎりを、日中はおやつに嬉しい餅菓子を中心に並べます。

新潟県産のコシヒカリを使ったお団子は、「みたらし団子」や醤油だれをつけて海苔をくるりと巻いた「磯辺団子」(以上、各1本=100円)、「あん団子」(1本=130円)の3種類をそろえています。表面の焦げ目が食欲をそそります。

ほんのりピンク色の「すあま」(130円)は、上新粉とグラニュー糖を蒸してついた餅菓子です。もっちりとしながらも歯切れがよく、やさしい甘さが落ちつきます。こちらはしながわみやげにも認定されています。

▲左から「草もち団子」「ずんだ草もち」「ずんだもち」「草もち(粒あん・こしあん)」

ヨモギのいい匂いがするねぇ。

濃い緑色が自慢の「草もち団子」は、ヨモギの風味がしっかりと感じられます。粒あんとこしあんがそれぞれ入った「草もち」(以上、各130円)は、お土産にも人気です。

すりつぶした枝豆を使った宮城県の郷土菓子「ずんだ草もち」「ずんだもち」(各130円)は、リボンのようなかわいらしい形が特徴。東日本大震災を経て、「新潟で地震が起きた時に助けてくれた東北の人たちに恩返しがしたい!」という店主の岩崎さんの思いが作り始めたきっかけなのだとか。

若い人や外国人のお客さんにも気に入ってもらえるよう、和菓子の見た目をかわいくしたり、英語を勉強したりと、常に新しいことにチャレンジしているみなもとさん。これからどんなお菓子やおにぎりが登場するのか要チェックです!

おいしいおもちを食べて元気いっぱい!

いろんな種類の餅菓子が楽しめる! 中延の和菓子店「みなもと」に行ってきたよ♪

住所:
〒142-0053 東京都品川区中延4-6-2

交通アクセス:
都営浅草線・東急大井町線 中延駅 徒歩1分

電話:
03-3781-8585

営業時間:
7:00~19:00

定休日:
不定休

  • わくわくしながわ日和一覧を見る
  • 前のレポートを見る
  • 次のレポートを見る

ページトップへ